講師プロフィール


菅 司(かん つかさ)

 

 愛知県岡崎市生まれ。5歳よりヴァイオリンを始める。愛知県立岡崎高校卒業。2002 年から元マンハイム国立歌劇場コンサートマスターの朝枝信彦に師事し、立教大学経済学部に在学中の 2004 年 3 月に渡墺。  

 2005 年 3 月から元ウィーン・フィル第1コンサートマスターのライナー・キュッヒルに師事し、2006 年 10 月よりウィーン国立音楽大学に在籍。在学中よりEnsemble XX. JahrhundertやEnsemble Zeitflussのヴァイオリン奏者としてオーストリア国内外で活動する。2011年リンツ現代音楽祭(オーストリア)、ISCM World New Music Days 2012(オーストリア)、Music Biennale Zagreb 2012(クロアチア)等に招聘。また、オーケストラ奏者としてキリル・ペトレンコ、ファビオ・ルイージ、セミヨン・ビシュコフ、シモーネ・ヤング、ラルフ・ヴァイケルトら指揮者のもと、演奏会や音楽祭に出演。2011 年 10 月にウィーン国立音楽大学学士課程を修了。 2013年10月には修士課程を修了。

 これまでにヴァイオリンをライナー・キュッヒル、朝枝信彦、戸澤哲夫、木野雅之、征矢健之介、森康子らの各氏に、室内楽をターリッヒ弦楽四重奏 団、アルティス弦楽四重奏団、アルテンベルク・トリオ、マリアレーナ・フェルナンデス らの各氏に師事。またザハール・ブロン、ピエール・アモイヤル各氏のマスタークラスに 参加し、各修了演奏会に出演。

   現在は都内プロ・オーケストラ(読売日本交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団など)で演奏する傍ら、室内楽の企画や後進の指導に携わる。

 使用楽器は1796年製 A. Gragnani。


◎講師演奏サンプル



筒井 紀貴(つつい のりたか)

 

 早稲田大学政治経済学部卒業。武蔵野音楽大学大学院、ウィーン国立音楽大学ポストグラデュアル課程にてピアノソロを専攻。後にドイツリートを中心とした歌曲の分野に傾注し、国際ロータリー財団の奨学金を得て渡独。ドイツ・フライブルク音楽大学及びトロッシンゲン音楽大学にて主としてリート伴奏を学び、2015年に同大学院修士課程を最優秀の成績で修了。同年より文化庁新進芸術家在外派遣研修員として同大学院ドイツ国家演奏家資格取得課程(Konzertexamen)に進み、大学の伴奏アシスタントを務めながら研鑽を積む。

 スイス、オーストリア、ドイツ各地で主に伴奏ピアニストとして多くの演奏会に出演。南西ドイツ放送局(SWR)やSchwarzwälder Bote紙などのメディアにも取り上げられた。コレペティトールとしてもモーツァルト《フィガロの結婚》、ドニゼッティ《ヴィヴァ・ラ・マンマ》、ビゼー《カルメン》等の公演に関わるほか、室内オペラのアンサンブルやプロジェクトにピアニストとして出演。



岩瀬 龍太(いわせ りゅうた)

 

 東京都出身。12歳よりクラリネットを始める。日大豊山高校を卒業後、桐朋学園大学音楽学部入学。卒業後、同大学オーケストラアカデミーに学ぶ。修了後、渡欧、ベルギーのアントワープ王立音楽院とモンス王立音楽院にて、ワルター・ブイケンス、ロナルド・ヴァン・スパンドンクの両氏に師事。これまでに、第11回ピエトロ・アルジェント国際室内楽コンクール(イタリア)第1位、第4回マルコ・フィオリンド国際室内楽コンクール(イタリア)第3位、第5回パドヴァ国際室内楽コンクール(イタリア)第3位、夏期国際音楽アカデミー(ウィーン)においてバルトーク賞を受賞。Jess Trio Wien、ソリストとしてサヴァリア交響楽団ソムバトヘイ(ハンガリー)と共演。バーデン市立歌劇場管弦楽団、ドイツ・ヴュルテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン20世紀アンサンブル等に客演。在日本オーストリア大使公邸、在オーストリア日本大使公邸において演奏。2009年より現代音楽専門のアンサンブル・プラティプス(ウィーン)のクラリネット奏者。

 ウィーンモデルン現代音楽祭、ISCM World New Music Days 2013、Il Bienal Musical Hoje 現代音楽祭(ブラジル)、Oaar Wurm 現代音楽祭(ベルリン)、Sluchalnia 現代音楽祭(ポーランド)、リンツ現代音楽祭(オーストリア)に招聘される。現代音楽において、数々のプロジェクトに参加、これまでに100曲以上の初演を行っている。

 2012年、col-legno Label(コル・レーニョ・レーベル)より、Platypus Selected Works Vol.I-IVをリリース。2014年にはギター奏者の熊谷俊之と"itodo"を結成し、2015年にアルバム"Oirakanari"をリリース。2014年、東京学芸大学において、マスタークラス、現代音楽奏法のレクチャーを行う。  これまでにクラリネットを井上靖夫、中真人、鈴木良昭、四戸世紀、ワルター・ブイケンス、ロナルド・ヴァン・スパンドンクの各氏に、室内楽をアヴォ・クユムジャンに師事。マスターコースにてウーリッヒ・ベーツ(アベック・トリオ)、シャンドール・デヴィッチ、ラースロ・メゾ(バルトーク弦楽四重奏団)、ヨーゼフ・クルーソン(プラハ弦楽四重奏団)の各氏に師事。